電子レンジでとうもろこしを美味しく加熱する方法

夏になると食べたくなるとうもろこしですが、いざ購入しても茹でるのが面倒だなと感じることがあるのではないかと思います。とうもろこしは大きな鍋でなければ茹でることができませんし、夏の暑い盛りに火の前にいるのは嫌だなと思うこともあるでしょう。
そのようなときには電子レンジで調理するのがおすすめです。実は電子レンジにとうもろこしを入れてチンするだけで簡単に、そして美味しく加熱することが出来るのです。
やり方は至って簡単で、皮付きのとうもろこしをそのまま電子レンジに入れ5分加熱する、たったこれだけです。その後におしりの方、つまり茎がついていた方から2センチ程上の部分を切り落としてヒゲを持ち、すっと振り下ろすだけで簡単に皮むきができてしまうとという裏技も存在しています。
皮ごと電子レンジで加熱するのは少し抵抗があるという方はラップを活用するのも良いでしょう。皮を剥いたとうもろこしにラップをしっかり巻き、電子レンジで5分ほど加熱すると美味しく仕上がります。
実はとうもろこしはお湯で茹でると水っぽくなってしまうだけでなく、旨味や栄養分がお湯に溶け出してしまうといわれています。そのため電子レンジで調理をしたほうが旨味が凝縮した美味しいとうもろこしになるのです。
美味しいとうもろこしを食べるには鮮度も重要です。スーパーなどで購入する際、ついゴミが増えるからと皮を剥いて購入してしまうことがあるかと思います。しかしとうもろこしというのは皮を剥いた瞬間からどんどん鮮度が落ちていくため、何か事情がない限りは皮付きのまま購入しましょう。帰宅後はすぐに食べなくても茹でておくことで美味しさを維持することができ、冷蔵庫で保存すれば2〜3日は持つので安心です。
電子レンジを使って手軽に美味しいとうもろこしを食べたいものですね。